トップ > アビサルについて > 毎日新聞 に掲載されました。2014年9月11日(木)

毎日新聞 に掲載されました。2014年9月11日(木)




◆てんさいの化粧品開発 「道産品を大都市に広めたい。」

毎日新聞、北海道版の「わたしのしごと道」に社長であり、開発者である「幟立真理」が取材されました。
「北海道で作られる砂糖の魅力を大都市圏の消費者に届ける『地産都消』を広げたい」
という思いを語っております。道内はてんさい塔の全国で唯一の生産地。
道東や道北を中心に年間約340万トン生産されています。

肌に使うものだから…商品の安心感や信頼が価値を持ちます。長女と次女が10代にアトピーに悩み、
治療法を探した経験から、原材料の生産者の顔が見えることや、製法をシンプルにすることを
心がけて開発し、できあがったのが「シュクレ」です。

最後に幟立は記事の中で、こうしめくくっています。
「生産者には化粧品にもなる砂糖の魅力を知ってもらえる。
大都市圏では、北海道でてんさい糖が作られていることがあまり知られていない。
砂糖を通じて、北海道の農業を応援したい」と。

☆北海道の大地の恵み「てんさい糖」の優れた保湿力と殺菌力に注目して、
大学や医療機関と共同開発して誕生した「シュクレ」は、北海道を盛り上げる役割も担っています。

ぜひ、北海道の自然の恵みで肌を健やかに♬